通信制高校に通う3つのメリット

通信制高校のメリットとは

通信制高校は、学校に登校する必要がほとんどなく、自宅で学習することのできる高等学校です。
そこには、定時制の高校や全日制の高校にはない様々なメリットがあります。
今回はそのメリットについて紹介します。

メリット①登校日の縛りが少ない

まず、定時制の高校や全日制の高校に比べ、学校へ登校する日数が大幅に少ないです。
そのためアルバイトや自分の趣味に使う時間が増えるため、有意義な時間を過ごすことができます。
また、大学への進学を目指している人は、その時間を独学での勉強や家庭教師などの学習の時間に充てる事が可能なため、試験に向けての力をつけることが可能です。
アイドルなどの芸能人が利用している場合なども多いです。

メリット②単位制であるため留年がない

2つ目に単位制であることです。
単位制は大学でも行われている制度で、必修科目以外は自分に興味のある授業を履修することが可能です。
そのため、「学年」という制度が設けられていないため留年という概念がありません。

メリット③生徒が多様で発見が多い

 3つ目に幅広い年齢層と交流が可能であることです。
通信制高校は前述の通り「学年」の概念がないため先輩・後輩関係がほとんどありません。
すでに社会に出ている人や年配の方など様々な年齢層や様々な経験をした人と交流が可能です。
社会に出るにあたりより実戦的な知識を交流で得られることは間違いなしです。

入学時期に縛られないのもメリット

多くの通信制高校は秋入学の制度があります。
万一、全日制高校や定時制高校を何らかの事情で辞めざるおえなくなった場合でも入学可能です。
もちろん病気などで長期欠席、不登校などにより内申書が悪かった場合でも入学可能です。
高校卒業程度認定試験を受けると就職、資格試験などにとても有利です。
高卒認定を習得して、ぜひ自分の新しい可能性を開拓してみてはいかがでしょうか。