自由度の高い通信制高校で学んでみませんか

日本の高校は大きく分けて3種類

義務教育である中学を卒業した後は、日本では大多数の人が、高校に進学します。
高校といっても、学ぶ場所や時間帯により、全日制高校や定時制高校があります。
それ以外にも、通信制高校というものがあります。
ここでは通信制高校について、他の高校と比較してみます。

通信制高校を全日制と比較してみる

通信制高校とは、通信により教育を行う事が出来る高校です。
全日制も定時制も通信制も全て、高校を卒業するのが目的です。
通信制の特長は、他の高校と違い、通学する時間が圧倒的に少ないという事です。
ですから、芸能活動をしていたり、自分の夢を優先して頑張りたい人や、働きながら高校卒業したいなど、自分のライフスタイルに合わせることができます。

事情があって高校に適応できなかった中退者も通えます

病気やいじめなどで、不登校になってしまったり、長期欠席をしていた人でも、入学する事が出来ます。
不登校の人の場合、心のケアをしてくれる通信制の高校もあるので、自分のペースに合わせて学校生活に慣れていくことも可能です。
また、全日制の高校を中退してしまった人も、また、全日制の高校が自分には、合わずに、通信制の高校に転校、編入する事も可能です。

自由な雰囲気の通信制高校の制度

通信制の高校は、春入学、秋入学があり、転校、編入に関しては、随時行っている学校も多くあります。
学び方は、全日制のような学年制ではなく、単位制なので、留年するという事はありません。
他にも、通信制では、様々な年齢の人達が通っているのも特長です。
そのため、いろんな年齢層の方との交流を経験する事が出来ます。

学べるジャンルも多種多様

通信制の高校には、高校のカリキュラムのほかに、音楽、ゲームやアニメ制作、ITなど専門的な知識を学べるコースも設置しています。
通学スタイルも、毎日通うものから、週に1日だけ通うもの、年に1回から2回集中的に通うものなど自由に選ぶことが出来ます。
ネットを活用する学校もあります。
自由度が高く、自分で自分の学び方を選ぶことが出来ます。
ぜひ、通信制高校で学んでみてはいかがでしょうか。