通信制高校にかかる学費

通信制高校の授業風景

通信制高校は家にいながら勉強を行うことが出来る、フレキシブルな学校です。
不登校など心の都合、あるいは病気の問題で全日制高校に行けないお子様や、社会人になって働きながら高校卒業資格が取りたい方々に向いている学校です。
授業は在宅によるレポート作成と定期的なスクーリング、そしてテストによって成り立っています。
最近ではインターネットを使用して授業を行っている学校もあり、新しい取り組みが充実しています。
全日制や定時制ほど学校に通う機会が少ないものですから、気になるのは学費の問題です。

通信制高校でかかる費用

通信制高校にはまず基本的に制服がありません。
あるいは購入は自由としている学校が多いものですから、その辺りの費用は必要ないのです。
一方入学金は、公立であれば数百円、私立であれば2万円ほどを設定している学校が多いようです。
全日制高校と比較して頂ければお分かりになるように、大変お安く設定されています。

学費は公立校と私立校で異なります。

一方で気になるのは授業料の問題です。
こちらは公立であれば年間で無償~3万円ほど、私立であれば20万~30万ほどの通信制高校が多いようです。
入学金と同様に、全日制よりも遥かにお安い学費設定になっています。
他にも教科書代が無償である高校もあり、学費は各高校ごとの特色が現れているものでもあります。

奨学金制度が発達しています

一方で上記のお金の捻出が難しいご家庭は、通信制であっても奨学金制度をご利用になることが出来ます。
高校の奨学金で代表的な機関や各自治体でも取り扱っていますので、ご利用の際はぜひお調べになることをお勧めします。
通信制の学校はアルバイトをしながら学ぶことも出来る学校ですので、ご家庭の経済状況が厳しい方には大変便利な学校です。
働きながらでも勉強をしたいと願っている方々のために運営されている学校でもあるのです。